美味しいオフィスコーヒーを導入するメリット

オフィスで皆が手軽に飲める形態として、【 一杯抽出型、ブリューワー型、自動販売機型 】という3種類の形態があります。ここでは数ある飲み方の中から、オフィス向けに絞ったサービスを紹介します。

1-1. 一杯抽出型
飲みたいオフィスコーヒーの袋、カプセルなどを設置して、ボタンを押して抽出するタイプです。
その場で焙煎、その場でドリップをしてくれるので、本格的な味を味わうことができます。
1-2. ブリューワー型
一度の抽出で、複数杯分のオフィスコーヒーを用意できるタイプです。
作り置き保存をして、飲みたいときに注ぐだけ、なんて事はこのタイプでしかできません。
3. 自動販売機型
社内にオフィスコーヒーの自動販売機を設置するタイプです。

・業者が定期的に無料メンテナンス
マシンは最新のものがあるので、煮詰まりが防止できるものや、たくさん一気に必要な場合大量に落とすことができます。清掃もしてくれます。マシンの故障にも対応してくれます。

・買い出しに行く必要がなくなる
業者の担当者が直接オフィスにオフィスコーヒーを持ってきてくれるので買出しに行く手間がありません。

オフィスコーヒーの知識
オフィスコーヒーの導入には、使いやすさと手厚いサポートという大きなメリットが存在しているのです。
オフィスコーヒーのメリットは、「非常に簡単に扱うことができる」という点です。誰でも簡単に使用できるのが、魅力となっているのです。
出来たてのコーヒーを簡単なステップで入れることのできるオフィスコーヒーなら、業務中の短い時間にサッとコーヒーを用意することが可能です。
オフィスにおいて、コーヒーメーカーは毎日使用するマシンのため、故障することも通常に比べ多いです。
そんな時、オフィスコーヒーのサービスを契約していると、迅速に修理してもらうことが可能です。
修理代金もかからない場合がほとんどなので、急な出費にもつながらず安心することができるでしょう。
定期的に業者が訪問することで、無くなったコーヒー豆を補充してくれます。新製品が出た場合はいち早く紹介してくれるため、さまざまな味を楽しむことができます。
できたてのコーヒーを簡単なステップで入れることのできるオフィスコーヒーなら、業務中の短い時間にサッとコーヒーを用意することが可能です。

訪問による清掃、点検は故障の防止にもつながります。コーヒーメーカーに関するメンテナンスを全て業者に一任できるのが、大きな強みとなっているのです。